忍者ブログ
カテゴリは、テレビやDVD・コレクションの電話機やポケベル・ミゼット・おもちゃ・食品など、いろいろ。
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ずっと前に紹介したDP-111Ⅱの前のモデル。

データ通信速度が早くなったとかなんだとか、通話にはあまり関係ない部分の機能がよくなって、DP-111Ⅱが出たんだケド、とりあえず違いがわかるように液晶まわりの色をシルバーからブルーに変えたんだろうから、やっぱり最初に出したシルバーの方が合ってるカンジ。

DSC03067.jpgこのころの液晶は、古くなると勝手に液晶漏れしてきたりするんだケド、いまのところ大丈夫みたい。ってか、今なってなきゃもう大丈夫かな。
置いておくだけでいつの間にかなるから、ちょっと心配。

当時使ってたDP-111Ⅱなんかは、使ってるうちに液晶漏れしてきた。
最初は点ができて、そこからフニャフニャっとのびていき、こんなカンジになる。
当時、修理に持ってったら取り扱いのせいだって言われたケド、生産工程で、ゴミだか空気だかが入るとなるらしい。
パナソニックの機種(ドコモのP101ぐらいまでの機種)に多かった気がする。ポケベルとかもなってたし。
※画像はパナソニックぢャなくて、同時期のNECのJUWACKY CAN1202。この機種もお気に入りだから、いずれ紹介、するかも…。

拍手[1回]

PR
うち中の4号電話機。
全部で○十万円。

いろいろ色があるケド、左上から、「えんじ」「うすねず」「くろ」「くろ」「ふじ」「ふじ」「わかくさ」「わかくさ」「あおたけ」「あおたけ」「ぞうげ」。ほんとはあと「もも」っていうピンクのがあって、ずいぶん探したケド、とうとう手に入らなかった。

一応全部発信着信できるんだケド、当時のままの完品は半分ぐらい。あとは、修理されて部品がメーカー違いだったり(えんじ)(ふじ)、おんなじメーカーのでも年式が違ったり(あおたけ)、フックボタンがかけててダイヤルが5号ダイヤルだったり(あおたけ)。

集めたのはいいケド置く場所がなくなってきたから、そろそろ箱にしまって物置に移動しようかと…。
せっかくだから、勢ぞろいさせて記念撮影。

DSC02976.jpg中でもちょっと大事にしてるのが、意外にこの黒。
東芝製。
ロゴが古い東芝のロゴで、古さアップ。

黒のわりに高かった。

受話器だけ、表面がブツブツ。塗装してるわけでもないみたいだし、なんなんだろ。
ボディは普通の傷み具合だから、年式は同じだケド別のからつけたっぽい。

オークション見てると、2個1どころか3個1・4個1ぐらいの電話機をキレイに磨いたヤツが高く売れてるケド、汚くていいから、やっぱり手を加えてない、もとのままのを、自分でキレイにするのがいい。味がなくなからツヤ出しはしないケド。

汚いのも安く落札できるわけでもなく、ちゃんとしてそうなのは高くなる。競るのはだいたいいつも同じ相手。見てるひとは見てるんだなってカンジ。「また(この人)かぁ~」って思うケド、でも、「この人も高く入札してくるなら間違いないな」って安心感もあったりする。

このあと、ちょうどいい大きさのダンボール箱を探して注文する予定。
また、もとの場所にもどすのもめんどうだし、箱がくるまで床においたままにしとこうかなぁ。
ま、箱がきても物置も整理しないと入らないんだケド。

とりあえず、4号電話機たち、おやすみ。

拍手[8回]

ついにau契約。
維持費節約のため、docomoで使わずに眠ってた回線をMNPでauに。
他に持ってるSoftBankとWILLCOMはやめる予定。

機種はXmini(W65S)。
よほど売れない店ぢャないかぎり、もう店頭では在庫切れで手に入らないんで、Yahoo!オークションで中古を落札。
3999円也。

ウォークマン携帯だケド、ウォークマンとして使う予定はない。
ちっちゃいケド、赤外線もBluetoothもついてて、結構使いごこちいい。
これでおサイフケータイがついてればメインにしてもいいぐらいお気に入り。

auは、docomoやSoftBankとちがって、自由にICカードを差し替えて使うことができない。
1つのICカードを入れると、他のICカードを入れてもロックがかかって使えない。
auショップで2100円の手数料を払って、ロックを解除してもらう必要がある。
オークションで購入したものは、その可能性が高い。中古ならまず間違いないし、新品でも開通試験をしていればICカードを1度挿入してるから、そのICカードが登録されてロックがかかってる。
確かめるには、プロフィール画面(自局表示画面)で「*6#27」を入力。
「回線登録確認」が0なら、ロッククリアする必要はない。

拍手[0回]

SONY製。2色展開で、画像のブルーのほかにホワイトがある。
本体左側のオレンジのダイヤルは、ジョグダイヤルとは違ってクルクル回るようにはなってない。上や下にスライドして、放すと元にもどる。

子機として使いたかったんだケド、充電器がなく、電池をはずして、同じ端子のほかのPHSにつけていちいち充電するわけにもいかないから、コレクションラックに飾ってある。

最初ホワイトをもってて、光の加減ではパープルに見えるこのブルーが欲しかった。
ブルーはYahoo!オークションで、たしか1台300円~800円ぐらいで入手。
でも今度は、ホワイトを紛失。
いつものように、譲っていただける方がいましたら、コメントからご連絡ください。
コメントは、こちらが承認しないかぎり公開されませんのでご安心ください。

この311Y、入手時にはロムが残ってた。
NTT personalのころは、PHSはロムを消さないで解約することの方が多かったから、仕方ないかもしれない。
1XXのシリーズまでは、ロムを消しちゃうと一切操作ができなくなるから、電話帳まで見られなくなるってことと、一度解約したPHSを持込で契約するなんてコトがほとんどなかったのが理由。この311Yは大丈夫なんだケド、1XXシリーズのころの習慣が残ってたんだろう。
「解約後3ヶ月以上すると、番号が消せなくなりますけどよろしいですか?」なんて聞かれても、いいですって人がほとんどだったはず。

PHSがドコモになってしばらくしてから、ドコモのPHS用のシステムがノートPCから普通の携帯と一緒のPCに変わって、3ヶ月以上たったものでも番号が消せるようになった。
今はもう、PHSのサービスは終了してるケド、実はロム消しだけはできる。
PHSに触ったこともない店員が大半だし、PHSそのものも、PHSのロム消しも需要がないから、ドコモショップで聞いても「PHSのサービスは終了してるのでできません」って言われることがほとんど。

だけど本当は、ロム消し専用のソフトをドコモの端末に入れて消すためのマニュアルもちゃんとある。
だから、ロム消ししたかったら、
①PHSがあったころからあるショップで、
②PHSのロムライター(七宝焼をつくる電気釜みたいな引き出し式のヤツ)がまだあって、
③くわしい(ちゃんとマニュアルがあって、いまでもロム消しできることを知ってる)または、できるはずのものができないと自分が納得いかないような性格の店員がいる店を探す。
④前もってソフトを使えるようにしてもらって、
⑤店に行く。

そのままお願いすると、たぶんさんざん待たされたあとに「やってみたケド、エラーでできませんでした。」ってコトになるはず。
マニュアルが不親切で、PHS側の操作([保留]を押しながら[電源]を…ってヤツ)が載ってなくて、通常ドコモのPHSでやる操作だとダメ。
そこで、もしエラーになるようだったら、[*]のかわりに[0]でやってみて、とつたえておくとスムーズ。

実は、こんなことが。
行った店は、目の前のカウンターでやってくれたから、何度やってもエラーだったときにふと思いついて(昔見たコマンドの表で、公衆書込のコマンドが[*]と[0]の2つだった)、自分でPHSを操作して[保留]を押しながら[電源]→[リダイヤル](ドラえホンは[ドラ2])→[0]→[保留]でやってみたら一発でOKだった。

「ロム消しできないリスト」ってのがマニュアルに載ってて、311Yがリストにあったんだケド、念のためやってもらったら上の方法で問題なくロム消しできちゃった。
画像見ると、「E」って表示が見える。機種によっては「EMPTY」って表示になるんだケド、白ロムだっていう表示。

店に迷惑だといけないんで、やってもらったショップは非公開だケド、半年ぐらい前に確認したところ、秋葉原のドコモテクニカルラボだと②~④まではOKみたいなんで、ロム消ししたいPHSがあるときは問い合わせてみるといい。
マニアックでレアな注文をする人が多いところだから、「エラーが出たら[*]のかわりに[0]で操作」ってわざわざ言わなくても、ちゃんとわかっててスムーズに処理してもらえるかも。
念のため時間がかかるかもしれないことは覚悟して、余裕のあるときに行くようにね。
「ロム消しできないリスト」対象の機種の場合は、一応お願いしてみると、やってみてもらえるかも。くれぐれも無理は言わないように。

拍手[0回]

前に書いたmova Dの記事で、シルバーモデルがあったのかも知れない…って言ったケド、やっぱりあった。
その実物。
シルバーだと思ってたら、カラーは「ホワイト」。
たしかに、パールが入ったホワイトだった。

Yahoo!オークションで出品されてて、開始価格が19800円とちょっと高すぎだった。
Dだし、この価格ぢャ入札なくて値段が下がるだろうと思って入札しないでいたら、いつも競る人が入札。
あららと思ったケド、入札しないで後悔したくなかったから終了間際に入札したら、1回の入札で落札。
入札が間に合わなかったのか、もともと開始価格以上になるようなら競る気はなかったのか、相手もいつも高額入札する相手だと気づいて遠慮したのかはわからないケド、たすかった。
落札価格20300円也。
5000円~10000円ぐらいでほしかったんだケドなぁ。

品物が届いて見てみたら、想像以上にキレイ。
限定色だったらしく、出品した人は当時かなり探し回って買ったとのコト(値段も相当だし)で、大切に使ってたのが見てわかる。
入札するときは高いと思ったケド、手にしたらなんとなく妥当に思えてきた。

限定数は不明だケド、1994年にはモデルチェンジしてるから、1992年にNTTからNTT移動通信網に変わってからモデルチェンジまでの間で出た限定色ということになる。このころ加入者は年に10万人程度で、1993年にはデジタルmovaも出てきてるしアナログの売れ筋はPかNだったから、10万のうちP・N・自動車で6万、まだ使えなかったデジタルが全部で2万だったとすると、D・F(Rもあったかも)で残りの2万だから、Dは1年で1万ぐらいしか売れてないはず。
その中で限定ってことは、せいぜい1000~2000程度かと。

拍手[0回]

Yahoo!オークションで出品されてたのを偶然見つけた、ハイヒール型の電話機。

買ったわけぢャないケド、ちょっと気になったんで。

なんかニオイそうなデザインだし、だいたい、持ちにくそうで、ほしいとは思わない。

興味があるヒト、いかが?

拍手[0回]

DSC02343.jpgやっとピンクをゲット!!
結構キレイで満足。

YoutubeにCMの動画があった。

あれ?!
なんか6色もある

なんとなく思い出したケド、たしかにブラックとか、当時のカタログで見て、ブラックがいいな、とか思ったことあるような気もしてきた。

mola.jpgだんだん思い出してきたケド、当時ちょー人気でなかなかレンタルできず、ときどき入荷してもブルーかピンクのみとかだったような気が…。
ホワイト・イエロー・グリーン・ブラックは持ってた人見たことない。
予想より爆発的に人気が出て、色を絞って生産したんぢャないかな。
買取になってからも、ブルーとピンクのみだったような…。

ちょっとほしいケド、もし当時レンタルしてた人がいたとしても、なくしてて解約したあと何年もしてから出てきたとか、解約のとき保証金をあきらめて手元に取っておいたとかぢャないと持ってるわけないから手に入れるのはムリだろうなぁ

拍手[2回]

4号A自動式電話機。日立製。
待望の「ぞうげ」、やっと入手。
個人的に、この色の電話機は「金持ちの家の電話」のイメージがある。

あるサイトで、ぞうげは比較的入手しやすいようなことが書かれていたので後回しにしてたら、Yahoo!オークションにもあんまり出てこなく、出てきても色が淡いせいかコードがやけてキタナかったり、キレイなのは値段が高くなっちゃったり、4号C共電式にダイヤルを取り付けた改造品だったりでなかなかいいのがなかった。

いらないものと抱き合わせで出品されて、それほど期待もせず落札したら、なんとちょーイイッ
受話器の受話側にかすかにヒビがあるものの、とってもキレイ。
画像では見えないケド、後ろの布の袋打コードも新品に近い状態で色あせなし。壁側の方から20cmほどヨゴレてるのがちょっと残念。

mclub_jp.jpg最初、ダイヤルの色が微妙で、ダイヤルが壊れて取り替えられ、黒いダイヤルの塗装をはがした真鍮色なのかと思ってたら、これがみがいてみると金(色)メッキ!
裏側が黒い塗装になってるケド、黒いダイヤルに手を加えて後から金(色)メッキしたふうにも見えず、ふつうはダイヤル本体が壊れて取り替えることはあっても、手前のダイヤル板だけ取り替えなきゃならないことってあんまりないし、ダイヤル本体の年号も電話機本体と同じだから、もともとこういう仕様なのかも。

受話器の送話側の部品だけ他社のに取り替えられてたケド、運よく同じ年号の日立の送話器が手元にあったから、すぐに取り替えて完璧ッ。

このオークションのあとに、やっぱり抱き合わせで出品されたダイヤルも本体と同じ素材でできたたぶんNEC製の「ぞうげ」もちょっとほしかったケド、ほかに入札してた人が、以前4号C共電式にダイヤルをつけた「ぞうげ」を40000円超で落札(オレなら18000円が限度)してた人だったから、いくらになるか分からないんでやめておいた。
画像も小さめでほこりかぶったまま出品されてたんで、キレイになるいいものなのかも実際落札してからぢゃないと分からないようなものに高額出すのはちょっとコワかったし。

拍手[2回]

ポケベル。

あんまり人気がなくて、かなりマイナーなモデル。
四角いパルフィーVなら記憶にある人もいるかも知れないケド、たぶんこれは
いろいろ検索してみたら、水色もあったらしい。
このピンクは知ってたケド、水色は知らなかった。

液晶まわりのデザインでわかるかも知れないケド、国際電機製。

電池を入れればちゃんと電源も入るょ。

拍手[3回]

アナログmova Dの前期型。
モックアップ。

ロゴはNTT。上からNTT DoCoMoのシールが貼ってあったから、ロゴの周りの色がちょっと違う。
でも、ホントのNTT DoCoMoの後期型のロゴは、液晶画面の左上ぢャなくて本体右下にプリントが入ってる。
あと、違いはというと、アンテナにオレンジの2本線が入ってるぐらいかな。

以前に前期型か後期型かはよく見てなかったケド、本体がYahoo!オークションに出品されてた。
入札しようと思ってたら、終了日に寝ちゃっててそのまま落札されずに終了して、再出品もされなかった。

今回モックアップを入手。

ま、どうせ今は使えないし、ヘタに充電器とか付いてきても捨てるに捨てられずジャマになるからってコトで、モックアップで十分。

当時、今と違って販売店も少なかったし、モックアッブも結構なコストがかかってて高かったから、今のモックアップとは比べものにならないぐらい希少。ほしい人がいるかどうかは別として。
しかも、携帯で人気はPかNで、DやFはほとんど見かけない。

むかし秋葉原で、販売が終了してる携帯のモックアップを飾ってるの無線屋さんがあって、これのシルバーのモックアップが飾ってあった。
シルバーモデルがあったのか塗ったのかは、今となっては不明だケド。

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォト蔵
プロフィール
HN:
のら犬凸
性別:
男性
アクセス解析
のら犬 Produced by のら犬凸      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]