忍者ブログ
カテゴリは、テレビやDVD・コレクションの電話機やポケベル・ミゼット・おもちゃ・食品など、いろいろ。
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゆの華のロビーから見える、1階脱衣所の照明。

画像だとあんまりよくわからない(天井の反射見ると違いがわかりやすいかも)ケド、左から電球色・昼光色・昼白色って、バラバラ
しかも、たぶん中に2本入ってて、左の蛍光灯は手前が電球色で奥は昼光色か昼白色。

ケチつけてるわけぢャなくて、なんかこのこだわりのないテキトーさが癒される。

回数券の特売、7月末31日までだったのが8月16日までのびたみたい。

拍手[0回]

PR
七夕まで、入り口に飾ってあった短冊。
極楽湯もあったケド、ちょっと気になったのはゆの華のコレ。

願いごとはかなうのかなぁ

青戸のドン・キの前あたりだと、ごくうみたいな髪型したのが5人で2台のチャリに乗ってるの見たことあるケド。
大阪とかにもいそう。

今月は回数券特売中。
10枚つづりで5800円。
10日と26日は、スタンプ2個押してもらえる。

20090710010740.jpgところで。
食事どころの食券の券売機。

「お」と「いなり」の間のハイフンがちょっと気になる。

お-いなりのほかにも、60円のゆで卵もあって、ちょっとだけ食べたりないときのもう1品にちょうどいい。

拍手[0回]

先月、父の日まで階段に掲示されてた、おとうさんの絵。
中でも目をひいた2枚を紹介。

左は男の子。
四角い顔で、目が大きいかメガネをかけてるカンジ。
右は女の子。
丸顔。
鼻に特徴がある。勝手な予想で、職業はガテン系かと。

拍手[0回]

最近フロントの横で、なぜか野菜を売ってる。
特に近くの畑で作ってるわけでもなく、茨城産とか。「○○農場で採れた~」とかの表示もなくただ売られてる。

ま、それなりに安い。
インゲンとかニンジンとか、スーパーの普通の値段の2/3ぐらい。

そらまめ、3袋だけ残ってたうちの2袋を買った。
表示価格は250円だったケド、レジを通したら1袋150円だった。
250円でも損ぢャないぐらいだし、エダマメと違ってゆで時間もかからないし、帰りに買ってきて寝る前にちょっと食べるのにいい。

拍手[0回]


料金は、大人平日600円/土休日1700円。小人平日300円/土休日350円。
回数券は5枚綴り3000円。
「ゆふだ」10枚綴り5500円(販売日限定・要確認)。

営業時間:AM10:00-AM1:00
休館日:年間数回
リラクゼーションルーム(ボディケア・フットケア・頭皮ケア)あり。

お食事処は、広く明るく清潔な感じ。
端にキッズスペースもある。
食券式セルフサービス。
全席禁煙なのがちょっとイタい。荷物をおいたまま、ちょっとフロント裏の喫煙所に行ってみた。

内湯は、
●主浴槽(井水循環)
●ジェットバス(井水循環)
●腰掛け湯(井水循環)
●サウナ
●薬草スチーム風呂(サウナ)
露天は、
●源泉(かけ流し)
●つぼ湯(温泉循環)
●うたた寝湯(温泉循環)

夜に行ったからすいてたが、ショッピングモールの「ロックタウン」内にあるので、時間や曜日で激混みするかも。

拍手[0回]

DSC00834.jpg
手賀沼観光リゾート内にある「満天の湯」に行ってきた。
駐車場にはひそかにマイ・ニューカーが

料金は、大人平日650円/土休日750円。小人平日350円/土休日400円。
アカスリ・手もみ屋がある。

営業時間:AM9:00-AM0:00
休館日:第3木曜日

ここも塩化物強塩泉。
内湯の主浴槽は源泉循環。水風呂・絹の湯・エステ浴・寝湯は井水循環。ドライサウナとミストのよもぎサウナがある。
露天は、岩風呂・壺風呂・あつ湯・ねころび湯・足湯があり、源泉かけ流し。炭酸水循環の檜風呂もある。

2007年3月にオープンしたばかりでとてもキレイ。
駐車場がいっぱいに見えても、中に入るとそれほど混んだ雰囲気はなく、のんびりできる。
源泉だし、価格も良心的。
食事処は喫煙席(座敷)ありで、助かる。やっぱり食事のとき一切吸えないところはゆっくりできないから。
AM0:00までっていうのがちょっとオレには早すぎなんだケド、この付近の環境を見ると、この時間より遅くまでやっても誰もこなそうだし仕方ない。夜は、AM0:00までやってるのが不思議なぐらいあたりは真っ暗ッ

今月、毎週水曜日PM8:00から、「満天花火」ってイベントをやってて、露天から70発の花火を見ることができる。裏の手賀沼からあげるのかな? たぶんかなり間近で見られる。

オフィシャルサイトは手作り(?!)なのか、かなり地味だケド営業案内や施設の情報は十分。

リンク:
手賀沼温泉「満天の湯」

拍手[0回]


またスーパー銭湯をほどよい距離に見つけて行ってきた。

料金は、大人平日900円/土休日1200円。小人平日500円/土休日600円。
※朝風呂10:00-12:00・夜風呂(平日のみ)21:00-24:00は600円。
回数券は5枚綴り4000円。
手もみ処がある。

営業時間:AM10:00-AM0:00
休館日:第3火曜日

入り口を入ると木の階段になってて、クツのままでいいの?って思うケドいいらしい。
古~い旅館やアパートの内階段みたい(いい意味で)。

フロント手前の券売機で券を買って入る。
フロントの人があまり入ってくる客を気にしてなくてぜんぜん気づいてもらえなかったから、買った券も渡さずそのまま中へ。ま、もしかしたら中で湯に入る手前で渡すのかな?なんて思ってたし。でもそんな場所はなく、やっぱりフロントで渡すらしい。

食事処は食券でセルフサービス。
うす暗くていい雰囲気。
でも、なれないと何がどこにあるか分かりづらく、ぐるぐると回っちゃう。

風呂に入ると、ここもまた木をたくさん使った内装で、なかなかの雰囲気。
明るさも控えめでいい。
洗い場のシャワーは普通の銭湯と違って、家と同じ勝手に止まらないタイプ。

内湯の循環の温泉は、以前はかけ流しだったらしい。
今は月4回程度、源泉かけ流しの日がある。

露天も湯は温泉じゃないケド、植木や照明など凝っていいカンジ。
メインの岩風呂(?)とぬる湯・2つひのき風呂がある。
ひのき風呂は小さくて、誰か1人でも入ってるとちょっとそこには入りづらい。
ぬる湯は5~6人用の広さだケド、人気みたいでスキを見て入らないと常にほぼ満員。
岩風呂は広いから、ここでのんびり入るのがよさそう。

環七方面からは問題ないが、逆の松戸・水元方面から行くには、陸橋の下り口で中央分離用のポールがあって右折で入れないので注意。
1つ目の信号のちょっと手前の左にそれる道から、1つ目の信号でUターンして左折で入る。
帰りも、出口から出て左折・左折で、陸橋の下でUターンしてから、もう1度上の方法でUターンして帰ることになる。
1度通り過ぎちゃうと、交差する道はないし、あっても一方通行ばかりで、大まわりしないともどってこられないので、慎重に。
あと、駐車場の入口と出口が決まってて、手前の屋根なし駐車場に停めても、高さ制限のある建物の下の駐車場を通らないと出られないから、トラックとかで行くのは×。昼間なら逆走で出られるケド、入館の受付を終了すると入り口は閉鎖されるから出られなくなる。

拍手[0回]


都内最大級のスーパー銭湯ってことだったんで、行ってきた。

料金は、大人平日600円/土休日700円。小人半額。
回数券は11枚綴り6000円。6枚綴り3500円。土休日も使用可。
小人2人に回数券1枚みたいな使い方はダメらしい。
整体・アカスリあり。

営業時間:AM10:00-AM2:00
休館日:第3火曜日

建物はホントに広い。
風呂部分は、びっくりするほど広いってわけぢャないけど、普通よりは広め。
新しいからキレイ。

天然温泉ぢャないので、塩素水

水風呂・電気風呂とか細かいのまで数に入れると、11種類の風呂と2種類のサウナ。
風呂は、白湯・電気風呂・スーパージェットバス・座湯・ぬる湯・四季替りの湯・寝湯・うたた寝の湯・腰掛の湯・ラジウムイオン鉱物泉風呂・水風呂。
サウナは、ドライサウナとスチームサウナ。
スチームサウナはアロマなのか、入ると香りがする。トイレの的にされる黄緑や黄色の丸いヤツのような香り。

洗い場は、全部可動式のシャワーで使いやすい。
はずかしがりやさん用(?)に3つだけ仕切りつきの席がある。

クチコミとかに書いてあるように、土休日は混み混み
土地がらなのか、うちの方のスーパー銭湯より家族連れ(ちっちゃい子と親だけぢャなくて親・子・孫とか)が多い。
うたた寝の湯は、向かい側の四季替りの湯とかであくのを待たないと、まずあいてない。

飲食コーナーは、かなり広い。
混んではいるケド、少なめの喫煙席も意外とすぐ開く。
一度風呂からホールに出るともう入れないから、出てきた人がちょっとよってから帰るカンジなのかな?
値段は安くていい。
[メニュー①] [メニュー②]
ま、ただ麺類はちょっと少なめ。
あと、料理の雰囲気は、イベント会場の特設レストランのあのカンジ。
手羽餃子がお気に入り。
とんかつ定食もよかった。
1人で食べてたら、ちょっと離れたところにすわってるデブが、人の顔をチラチラと見てて落ちつかなかった。
自分もメンチ・串かつ定食かなんか食ってるクセに、そんなにオレのとんかつ定食が気になるのか

帰り、夜遅くなると車で30分ぐらいで帰ってこられるから、回数券買ってみようかな。

リンク:
湯処葛西

拍手[0回]


料金は、曜日に関係なく大人700円/小人300円。
貸しタオルのついた手ぶらセット900円。

営業時間:平日AM10:00-AM2:00/土・日・祝日AM8:00-AM2:00

ここも、この近辺の「ナトリウム塩化強塩温泉」。

ちょっとせまめだケド、1日ごとに1階と2階(2階の方がちょっと広い)の浴室が男女入れ替えになるから、違った風呂に入れる。
個人的には1階の方が温泉地域の露天っぽくて好き。
でも、2階のにごった源泉(ちょっとクサイケド)も好き。
サウナは、1階はソルティーサウナと高温サウナ・2階はソルティーサウナとハーブミストサウナがある。

入館料の700円ってのがちょっと高く思ってたから、しばらく行ってなかったんだケド、久しぶりに行ってきた。
極楽湯が値上げして、会員価格で平日550円/土・日・祝日650円、回数券(10枚5000円)を使っても500円だし、食べ物が高くなったから、食事して飲み物も飲むと、ぜんぜん変わらないかこっちの方が安あがり。
おととしぐらいは同じぐらいの金額だったのに、どんどん高くなってったから

たとえば
■カツカレー
極:880円 華:700円
■チャーハン(極:スープ付 華:味噌汁付)
極:650円 華:520円
■からあげ
極:550円 華:360円
■えだまめ
極:380円 華:180円
■生ビール
極:450円(発泡酒なら缶の自販機もある) 華:500円
■生レモンサワー
極:530円 華:450円

チャーハンとえだまめと生ビールで、380円の差。
日曜日に極楽湯に行ったら会員でも650円だから、ゆの華だと320円安く済む。
入館料上げるなら、食事処はそのままにしといてほしかったな。
ゆの華は、丼ものも、カツ丼・親子丼・うな丼などなど多数。おいなり2個160円とゆでたまご60円は、少し食べたりないときにちょっといい

アカスリ・マッサージコーナーあり。整体はなし。
ゲームコーナーもないケド、大人だけで行くなら特に必要ないし。
建物は古いカンジだから、女性向きではないかも。

拍手[0回]


半年ぶり。
営業時間、きょ年の10月にAM3:00までがAM2:30までになったのに、いつの間にかまたAM3:00までになったらしい。
「つまみ屋」のオーダーストップが前より早いかな?
ラーメンの方が遅くまでやってた。

食事はやっぱり、同じミハマニューポートリゾート内のびっくりドンキーがいい(AM2:00まで)。
びっくりドンキーって、店によってデザインが違うケド、ココの外装オレ好み。

拍手[0回]

[1]  [2
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォト蔵
プロフィール
HN:
のら犬凸
性別:
男性
アクセス解析
のら犬 Produced by のら犬凸      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]